1. 無料アクセス解析

串まつ屋

IMG_20180212_194505.jpg

最近はまっているのが鶴橋
母親のおなかの中にいるときに過ごした記憶が潜在的にあるんでしょうか?
どうもガード下というシュチエーションが妙に落ち着くわけでして
つい立ち寄ってしまいます

昨日は目当ての茂利屋さんが珍しくお休み
それでもこのガード下には類似のお店が軒を並べます
茂利屋さんのお隣はエライ行列だったんでパス
ガードの一番端にあった串まつ屋さんに入りました

IMG_20180212_192146.jpg

とりあえずビールですがメガジョッキ
持つだけで痛めた肘に堪えます

IMG_20180212_192411.jpg

串の種類はこちらの方が多いようです
値段も多少高めですがそれだけの価値はありそうです

メンドクサイので写真はこれだけですが
ホルモン煮込みも美味しかったです

普段あまり焼肉類を好まないのですが
こういうところはまた別です
スポンサーサイト

茂利屋

IMG_20171215_204225.jpg

ここのところ月一ペースで鶴橋に来ています
今回は10月に訪れてメチャメチャ雰囲気がよかった茂利屋
ガード下という立地だけでもそそられます

IMG_20171215_204419.jpg

少し不安だったのは忘年会がピークのタイミングでしかも金曜
わざわざ電車できて一杯だったらどうしようかと思ってましたが
かろうじてテーブル席が空いてました

IMG_20171215_204944.jpg

ぶっちゃけどれが何だかあまりわからんのですが
いろいろ注文しました

IMG_20171215_205049.jpg

やっぱりこういうのでビールは一番相性がいいです

IMG_20171215_210947.jpg

ビールもホルモンも追加
刺身も食べたかったのですが
胃腸が弱りかけているので今回はスルー

それにしても茂利屋さんはお店の空気がいい
居心地の良さは群を抜いています
ちょっとした接客態度の中に心配りが満載
「ゆっくりしていってや~」「またきてな」「いつもありがとう」
商売ってこういう言葉ひとつでずいぶん変わるもんだなと思います

IMG_20171215_223830.jpg

で…
勢いがついて地元に帰って串かつ屋に入ったのですが
これが好対照の雰囲気であまり居心地のいいお店ではなかったわけでして
最後にミソを付けた感じになりました

茂利屋

IMGP0004.jpg

前から気になっていた鶴橋のガード下のホルモン屋
焼肉屋ばかりでひとつの街が作られる鶴橋にあって
ひときわ異彩を放つのがこのお店

IMGP0003.jpg

家族連れでも入れそうなきれいなお店が並ぶ中
ガード下という雰囲気のある立地でディープな印象が魅力的です
意外にこういうお店って初めてだったりするんですが
居心地の良さは初めてのお店だという感じがしません

IMGP0005.jpg

他の方のレビューを見ても「じゃりン子チエ」のお店みたいというご意見が多かったのですがそれもごもっとも
さすがに小学生ではありませんが愛想のいいおねえさんが気さくです
「また来てね」といわれたのでまた行くだろうと思います

ひと息入れてから 駒川ホルモン

「息つく間もなく」といってもホントに息をしなければ窒息死してしまいます
次から次ぎへいろんなことをしていると知らず知らずに気持ちまで張りつめていることもあります
ひとつひとつの事柄はそんなにご大層でなくても数をこなしているうちに妙なストレスに変わることもあります

こういう状態の認識が分水嶺
気がつきゃ知らぬ間に身体を壊していたという例もあれば
いち早く気づいて息抜きができればそれなりにやり過ごすこともできます

004_20110618073624.jpg

久々の駒川ホルモンです
あまり時間はなかったのですがちょっとだけガス抜きをしておく必要を感じました
ここはとぐろを巻いて長居するとこではありません
基本メニューの数もしれています
串のホルモン焼きですから味も同じ
長居して量を食べるのはきついものがあります
旨いといっても豚のホルモンですから多少のクセもあります
それを補うための特性タレも濃いめの味付け
だからビールのお供にはピッタリ
これだけを大量に食べられるかというと若さを失った私の身体にはムリがあるようです

それなのにこのホルモン焼きに惹かれるのはレトロを意識した退廃的なイメージの店の雰囲気作りにピッタリで
その中に身をおくと妙に懐かしく疲れも取れそうな気がするからかもしれません

数本の串を喰らい、一杯のビールを流し込み
千円札一枚を差しだしお釣りをもらい足早に帰る
そんなルーティンがむかしにあったからなんでしょう
家路の途中で大きなため息をひとつ
これで報われたような気がするから不思議なものです

テーマ : 焼肉・ステーキ
ジャンル : グルメ

ちょっと一杯 駒川ホルモン

かどっこさんの大将から近隣のお店をいくつか教えてもらいました
そのうちの一軒は南港通り沿い、駒川中野駅の東出口の向かいにあるお店です

002_20110129084718.jpg

去年の11月にオープンしたと聞きます
豚専門のホルモン焼き
10席に満たないであろう狭い立ち飲みの店内には大好きなホルモンの匂いが立ちこめます
むかし子供の頃、父親が市場で商売をしてたとき
隣の魚屋が5時ごろに閉店した後、近くの飯場のおっちゃん相手にやってたホルモン焼き屋が商売を始めました
たまに残った分をもらって食べた記憶があるのですが
まさしくその匂いそのもの・・・
決してお上品とは言えないでしょうが普通の焼き肉屋とは違う懐かしい場末の匂いです

004_20110129084717.jpg

メニューといってもたかだかしれています
ホルモン・アブラ・ハラミ・キモ・バラなど数種類しかありません
いたってシンプルな構成です
これでいいんです こうでないといけません
値段もそれぞれ60円か110円
ビールも350円と安価
いいですねぇ
サラリーマンのころ月末になると千円札一枚握りしめて立ち飲みの串カツに行ったものでしたが
そういう郷愁がこの店にもあります
あえてそういうふうに作られたトタン張りの壁が昭和の場末感を演出します
それでいて最近オープンしたばかりの新しさのミスマッチはドロドロした雰囲気を排除するんですよね
女の子を連れてきてもさほど抵抗感がなさそうな雰囲気を感じます

お味の方は豚のホルモンの臭みを取るためでしょうか?
やや甘めの濃い味付けとなっています
こんなもんだと思います
とりわけバラは病みつきになりそうです

グルメと対局の方向性はちょっと一杯引っかけてサッと帰る
そういう飲み方が似合う気軽なお店です

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

麺食いのひろ

Author:麺食いのひろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード