1. 無料アクセス解析

時間が遅くても らーめん工房RISE

110330-205550.jpg

近鉄八尾にあるRISEさんです
三回目の訪問ということで今回は新・中華そばを食べてみました
非常に個性的なお味です
魚介系スープということで焦がし醤油や河内の塩とはまた違った個性を感じます
オーソドックスな醤油なんですがスープの印象が強いようです
それぞれ個性的なラーメンが食べられるお店です
私としては焦がし醤油が好みに合うのがわかりました

毎週近鉄八尾に行く用事があり
今回は早い目に家を出て西武でやってる催し会場に駆けつけるつもりだったのですが
残念ながらタイミングが合いませんでした
それだけがちょっと心残りですな

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

腕が売り物 桂ちゃん

001_20110330064217.jpg

いつも食べてる釜揚げうどんです
手打ちうどんであることは今更申し上げる必要もありません
ただ麺切りに至るまでの過程のすべてが機械に頼らないのは意外と珍しいです
製麺機を使わないことがいいとも思わないのですが
ここまで徹底するところには頭が下がります

手打ちうどんが特にいいというわけではありません
下手な手打ちを食べるくらいなら機械で作ったものでも美味しい麺はいくらだってあります
手打ちうどんが賞賛されるのは機械打ちのよりも美味しいのがいただけるであろうという期待値の高さ故のことだと思うのです
要は旨いうどんが食べられるかどうかだけの問題と言っていいんでしょう

自然の恵みの小麦は実にデリケートでして
ちょっとした気候や環境でずいぶん表情が変わってしまうと多くの店主が口をそろえます
それを扱う側もその変化を読みとり、自分のイメージするうどんへとエスコートしなければなりません
機械ではそのへんの微妙なところまでも理解できません
もちろん人の手でもそれを感知できる能力がなければお話になりません

この店では麺を茹でるときにもキッチンタイマーを使いません
当然目安になる茹で時間はあるでしょう
でも麺を触って直接尋ねてみた方がベストな茹で時間を計ることができるそうです
指に耳がついているようです
麺も小声で囁くのでしょう

麺と手の対話から生まれるうどん
シンプルだからこそ誤魔化しの効かない面白さを感じます

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

疲れ果てたそのあとに 壱六庵

001_20110329064417.jpg

久しぶりの壱六庵さんです
夜の九時を超えても気軽に迎えてくれるので助かります

003_20110329064417.jpg

クレソンのゴマ和えは弱った胃腸に優しく入り込みます
「ヘルシーやな」と思いつつ冷たいビールをグビグビ流し込むこの矛盾
これも心を癒すため・・・
安っぽい自己弁護で納得させて舌鼓を打ちます

008_20110329064416.jpg

どうやらこれにはまってしまったようです
山芋の落とし揚げ
すりおろした山芋をスプーンですくって油に落とすのですが
普通の山芋では形が崩れてできないそうです
なんでも自然薯のような粘り気の強い芋を使っているんだと以前に聞いたような気もします

010_20110329064415.jpg

程よい心もちになってきたころにかけ蕎麦
いつもはざるをいただくのですが、今さら暖かい蕎麦が食べたくなりました
去りゆく冬に惜別の思いでもあったんでしょうか?
妙にかけダシがお腹に優しく響きます

ああ。。エエ塩梅やぁ・・・

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

食べられる幸せ ゆきの

002_20110314215905.jpg

今月初めて食べるうどんはゆきのさんのかきあげおろしぶっかけ
バタバタしてて二週間以上間隔が空きました
うどんの旨さは言わずもがなですが久々に食べるとあってはひとしおです

世間ではいろんなことが起きています
うどんどころではない人も大勢いらっしゃることは承知しています
普段から感謝しながら食べる気持ちはあるつもりですが
こんなときだからその思いは一層強くなります
世界を見渡してみれば美味い不味いにかかわらず
食べるものがなくて命を落とす人さえいます
そんな人たちがこの国の食糧事情を見たらどう感じるでしょう
憤るだけの感情で済むのでしょうか?

腹いっぱい食べることなど当たり前
残したり、捨てたりが日常という環境で暮らしています
健康でいるために食べるものを控えるという環境が世界中でどれだけあるというのでしょう

そんな罪悪感を感じながらも腹は減る
せめて感謝の気持ちを忘れず食べることしかできないのが実情です
そうして自分を納得させて肯定的に過ごすしかないんでしょうかね

陰気臭いのは性に合わないのですがたまにはこんなことも思ったりもします

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

久しぶりに近八尾 RISE

つい先日まで午後5時ごろになると暗くなっていたのが
ここのところ6時頃まで明るくなりました
気分的に違うんですよね
同じ出かけるのでもちょっと得したような気がして嬉しいんです

002_20110310072411.jpg

12月の末に訪れて以来です
6時の開店時間を待ちます
前に来たときは真っ暗だったのですが春も近づくとさすがに明るくなりました

003_20110310072432.jpg

この日のお目当ては「河内の塩」
前回は真っ黒の焦がし黒醤油をいただきましたが
これも食べておきたかったんです
巷では人気を二分している様子
色々なご意見を耳にしますとどうやらどちらかに好みが分かれるみたいで
それだけ両者共々個性的ということなんでしょう

006_20110310072432.jpg

とても魅力的なルックスです
いかにも純粋な清純派を想像させる透き通ったスープ
華奢な細麺がいかにもって感じ

しかしどうしてどうして食べるや否や自己主張の強いスープに舌を巻きます
貝だしと書かれたスープは今まで味わったことのない世界
あんまりラーメンを食べる機会がないから知らないだけなんでしょうが私にとってはインパクト充分
あっさりとした塩を想像していただけに小気味よいジャブを食らった感じがしました
細くてしなやかに見える麺すらも凛としたコシがあり侮れません

甘く見ていたわけではありませんがこれには驚きました
駄洒落をいうつもりはありませんがしおらしい塩ラーメンではないようです
もちろんこの個性についていけない御仁がおられることもわかります
しかしはまったら最後河内の塩から抜け出せなくなることは必至
食べる前の魅力と食べた後の魅力がこれほど違うのも面白いものです

らーめん工房RISEラーメン / 近鉄八尾駅久宝寺口駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

裏路地を探せ ○丈

難波といえば明るい開けた街のイメージが強いのですが
一歩裏路地に入るとそこは別世界
昭和の匂いが色濃く残るひなびた街が立ち並びます
狭くて暗くてディープなお店がひしめき合う様は「戦後」からどれほどの変化があったというのでしょう

そんな裏路地の片隅に有名なラーメン屋が引っ越してきたとは夢にも思いませんでした

002_20110302081416.jpg

天保山にあった○丈さんがこちらに移転してきたことを知り立ち寄りました
私がこのあたりに来るといえばもちろんライブ
しかもホームグラウンドとするお店とは目と鼻の先の距離
ならば行かない手はありません

地図を持っていったわりにはけっこう迷いました
それほど気づかない程度の路地だったんです
さすがに有名店だけあってお店は満員

004_20110302081434.jpg

注文したのは中華そば(大)
やっぱり最初はこれでしょ
高井田系を名乗るだけあって無骨な面構えです
太い麺がグイグイと存在感を見せます
荒っぽいかと思いきや意外と品の良いスープ
バランスのいいラーメンだと思います
ジャンキーじゃないかと思っていた私の先入観はあっさり否定されました
完食するまでくどさを感じることなく美味しくいただけました

この界隈はよくきます
周囲に気になるお店が何軒かあるのですが
また一軒加わりました

中華そば ○丈ラーメン / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

夜総合点★★★★ 4.0


FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

Author:麺食いのひろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード