1. 無料アクセス解析

協会ご用達 とも吉太融寺店

011_20120528105049.jpg

昨日は東洋オステオパシー協会主催のセミナー
とりあえず無事に終わり私もプロデューサーとしての大役を果たすことができました
カミカミの司会はご愛敬としても終わればのども渇きます

終了後は役員会という名の飲み会が待っています
最近役員会はとも吉がお決まりのパターン
協会本部が太融寺にあったころの名残でここに来ます

インターン時代の仲間内の飲み会のときは
近所の「でん」という安い居酒屋になります

012_20120528105048.jpg

ピントはずれとるわホワイトバランスも修正してないわで写真も投げやり

013_20120528105047.jpg

マグロのカマは旨かったです

そのほかにもいろいろ食べたんですけど写真撮る暇もないほど喋ってました
酒もしこたま飲んで言いたい放題の意見交換
それでもしっかりと次回セミナーのお話は進めてきましたとさ
スポンサーサイト

麺処 信州多華

ナンバの夜は選択肢がいくつもあります
メインのお出かけ先はたいてい決まっているから問題ありませんが
家路に就く前ちょっと小腹がすいたとき何を食べるかで結構迷います
酔った頭でいろいろ迷ったところで片栗粉でとろみをつけたような脳みそは
明確な答えを割り出すことはなく結局行き着いた先で目に入ったお店に飛び込むのがフツウ

077.jpg

この蕎麦屋は前に〆で食べようとしたときあいにく閉店した後だったので
なんとなく頭の片隅に心残りとしてインプットされていたのです

狭いカウンターばかりのお店の一番奥が空いていたので席に着きます
そのとき製麺機が目に入り思い出しました
数年前にそば粉を機会に入れるだけで十割蕎麦が打てる機械でやってるお店があり
これは一度行ってみないと…
そう思っていたお店だったわけです

盛りそばの800円は高いか安いか微妙な値段ですが
1000円で大盛りが食べられるならお得感も強いので大盛りをチョイス

076.jpg

ネギとワサビはさすがに本格的とはいえないまでもこのあたりはご愛敬だと思って食べ始めます
十割蕎麦は一時いろんなお店を回りましたが
個人的に感じたことは十割だから必ずしも旨いとは限らず
二八でも旨い蕎麦は旨いというのが私の結論です
それだけそば粉の質や水回しの技術的な要素が強いということなんでしょう

食べてみるとボソボソした独特の触感は十割のそれ
しかしいまいち香りが広がらないのが残念かな…
ダシは一般的な感じでそばつゆらしい独特のインパクトはありません
しかしお店の性格上あまり高望みをしても詮無きこと
飲んだ後の〆の蕎麦ならこれで上等の部類だと思います

大盛りそばが瞬く間になくなります
くどいラーメンを食べなくてよかったと翌朝感じました
この選択肢も覚えておかなければいけませんね

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

久しぶりならやっぱりこれ ゆきの

002_20120511085002.jpg

天ぶっかけといえばゆきのさんの名物メニュー
多いときだと注文の半分近くが天ぶっかけになるんじゃないかと思うほど代表的なうどんです
初めてゆきのさんにこられる方は天ぶっかけから注文する頻度は高いでしょう

私としても今年二回目の訪問になるわけですが
なかなか訪れることができないとなるとにわかにこれが食べたくなります
どうも最近ガツガツ食べる習慣がついてきましたが
それでもこのボリュームだとそれなりの時間はかかります

ダシと麺と天ぷらの相性がいいからこそ飽きることなく食べられるみたいです

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

東北でも麺

学生時代に初めて関東に来た時、慶応大学の学食でうどんを食べて辟易した覚えがあります
言うまでもなくだし汁の濃さが関西とは全く違うわけで世間が狭いと自分がいる食文化が基準となりがちです
それぞれの言い分や理由もあるそうで
寒い地方だと塩分をたくさん獲って血圧上昇の効果として体温低下を阻止するという
極めて医学的なニーズに基づくという考えもあります
冷暖房が発達し血圧を上昇させてまでも体温を高く保つという必要性が乏しくなった今でも
古くからの食文化はそうたやすく変わらないというわけかもしれません

さて東北といえば当然寒いわけですから
食文化も薄味というわけにはまいりません
それでも普段好んで食べる讃岐系や大阪うどんとは違うものを期待するわけで
狭い了見で他所の地方の食文化に触れてもお門違いというもの
吉本新喜劇でシリアスな芝居を観ても持ち味はでなと思います

008_20120506204123.jpg

ここも多分福島県だと思いますが朝食をとったサービスエリア
朝の6時30分ですからヘビーなものは体調的にもそぐわず
やはり食べなれたうどんが無難
そんな思いでいただいたのは天ぷらうどん

011_20120506204122.jpg

思ってたよりもフツウというか、関西で食べるそれとさほど変わりはありません
もとより手打ちであるとか、タピオカが入っているとか、化調が入っているとかは不問
ここでは深夜運航のバスに疲れた身体にエネルギーを注入するのが第一目的ですから
味に対する評論は無用というもの
いや、むしろ北の国でうどんを食べられる喜びにうちふるえながら3分足らずでどんぶりを空けるのでした

067_20120506204120.jpg

帰りはイタリアンと洒落こみます
っていうかここにはうどんがなかっただけというのが本心

069_20120506204119.jpg

狩人風パスタというネーミングに惹かれたのは事実
といっても猟師が鉄砲で獲物を捕りに行く時間もなかったようで
鶏肉が使われているようです

せめて私としては「あずさ2号」を歌いながら持ってきてくださったら
どれだけ満足して食べられたことかと思います
しかしながらこれも大阪人の発想を押しつけてはいけません
私が店のオーナーであったとしてもそれは認めないと思います

まあ、結局のところどこに行っても麺類がある限り
そちらになびくという習性はどこの国に行っても同じということだけは確認できました

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

Author:麺食いのひろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード