1. 無料アクセス解析

真心込めて 桂ちゃん

今週は寒かったです
そんなにも忙しくもないのに、チャリンコで出かけることが苦になり、心がくじけたまま週末を迎えました
寒さも和らいだとはいえ、根性なしの私は遠出を躊躇してしまいます
自転車で10分圏内に桂ちゃんがある幸せを感じずにはいられません

DSCF4932.jpg

毎度おなじみのたぬきです
このうどんの売り物は何といっても自慢のダシ
このダシの特徴はといえばやはり昆布にあります
ふつうならばダシを扱う会社から配達されてくるのですが
桂ちゃんは自ら足を運びます
それだけではなく数ある真昆布の中から自分で選定するそうです
お店にとってこういうことをされると迷惑なのかもしれませんが
お店の方もそれを認めているのは彼の人徳でもあり、また昆布を見る目を認められたこと以外に理由はなさそうです
釜揚げうどんにはトッピングはありません
麺とダシだけで勝負せざるを得ないわけですから必死にもなりますわな
しかしながら同じ一門の中でも一目置かれる執念はひとえに旨いうどんを作るため
「旨いうどん」の定義を論じること自体野暮なこと
なんとなれば手打ちうどんは二度と同じものはできないからです
まさに生き物だともいえましょう
何度ここでこれを食べたか数えたこともありませんが、毎回違うものが登場します
こちらのコンディションによるところも大きいのですが
やはり微妙な違いがあることには変わりません
そのときそのときの楽しみもあり、あえてその違いを感じて喜ぶのも何度も足を運んだ者だけの特権なのかもしれません
今日のダシで使った昆布を選ぶときどんな思いで選定していたのかを想像してみると面白いです
お店のおっちゃんにブツブツ文句を言っていたかもしれません
あるいはこの昆布を使うとみんなが唸るだろうとひとりニヤニヤしていたかもしれません

厨房からはお客さんの顔が見えます
そこには旨さにひたすら箸を進めるお客さんがいるでしょう
早く食べ終わって仕事に戻らないといけないお客さんもいるかもしれません
本当はカレーうどんを食べたかったお客さんもいるかもしれません
でも厨房から見える顔が笑顔になることを信じてうどんを作るのでしょう
それがお客さんに対する愛情表現であり思いやりなんじゃないか・・・・

そんなことを思いながらカウンター席からうどんを茹でる姿を見ています
スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

麺食いのひろ

Author:麺食いのひろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード