1. 無料アクセス解析

原点に返れ たからや

IMGP0251.jpg

今年初めての八尾南への訪問です
考えてみればたからやさんではまだきつねうどんを食べていなかったような気がします

子供のころうどんといえばきつねうどん
天ぷらうどんは大人の食べるものだと理不尽な常識を植えつけられていたものです
はっきりいって子供は安いもん食べとけという身勝手な思惑を隠し
子供は甘いもんが好きという事実を方便にしたのではないかと推測する次第です

しかし大阪ではきつねうどんはいわば庶民のソウルフードなわけで
うさみ亭マツバヤさん発祥といわれるこのうどんも
マツバヤさんの名は知らずともきつねうどんを知らぬものはいないほどになりました

大人になり甘いものを好まないようになっても(そのわりにワキの甘さは残ります)
スッキリしたダシに甘みのあるおあげさんを食べたときのコントラストは絶妙で
時たま何かが憑いたように(ひよっとしてキツネ?)食べたくなるうどんでもあります

たいていのお店でワンコインプラスアルファで食べられる庶民派の意地はいまだ健在
豪華なトッピングは毎日食べたら飽きますがこれなら飽きることなく毎日でも食べられそうです
スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そういえば私も温かい出汁のうどんはカレー以外に食べたことないですわ~
行くと口が勝手にカレーうどんと言います♪

No title

インド系の血が流れているのかもしれませんね
よもやお釈迦様の生まれ変わりでは?(南無阿弥陀仏汗)

讃岐うどんよりも・・・

私は、強いコシが特徴の讃岐うどんよりも、出し汁が決め手のしな~っとした大阪のきつねうどんのうどんの方が好きです。

うさみ亭マツバヤ、さすがに旨いですね~v-271

No title

讃岐うどんも大阪うどんもそれぞれの持ち味がありどちらも好きです
ここ数年讃岐うどんの店中心に周っておりますので大阪うどんを食べる機会は少なくなっています

こちらのうどん亭たからやさんは千日前の釜たけうどんで修行された讃岐うどんのお店です
八尾界隈ではちょっとした銘店で近頃はいつも忙しくされています

No title

あははは~
これからはゴータマ・ムッタールタとでも呼んでください(釈迦牟尼汗)

No title

なるほど…
それで頭をま(ピー)める準備をv-217(殴打)

No title

私もあたたかいお出汁のうどん食べたことないです。

おあげさん食べてみたくなりました。

No title

いつもは冷たいうどんを食べますが
さすがにここまで寒いと温かいうどんが食べたくなります
寒いとき、「甘さ」は糖質でもあり熱量を生み出す原材料になることを身体は知っているんでしょうね
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

麺食いのひろ

Author:麺食いのひろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード