1. 無料アクセス解析

麺や いちころ

IMGP1558.jpg

地元喜連瓜破の駅の付近にはあまり魅力的なお店がありません
行くときも消去法的な感じになることが多かったのが正直なところ

10日ほど前に新しいラーメン屋さんがオープンしたとの情報を聞きさっそく行ってきました
いちころさんはこれまであびこで営業なさっておられたとか
あびこといえば閃かうどん小屋しか記憶になかったので
いちころさんはまったくノーマークでした

ちなみに「いちころ」という店名は漢字表記で「一心」と書くらいしいのですが
「一心」といえば「一忠」一門の釜揚げうどんの名店が長居にあって
そっちの方が記憶に残っています

ご縁があってこちらに移転されたのですからうれしい話です

お味の方はこの近辺ではないレベルです
太麺を選択しましたがこれがしっかりした歯ごたえのある麺
スープの方もなかなかのものです

かなりグデングデンの状態で行ったので
細かい記憶が定かではありませんが
近いうちに再訪したいと思います

世界一暇なラーメン屋

004_20170112062254b55.jpg

久しぶりに肥後橋に出かけました
帰りに寄ったラーメン屋がこちら
なんと奇をてらった名前のお店なんでしょう

ネーミングとは裏腹に遅い時間にもかかわらずお客さんが並んでいました
店の内装もラーメン屋のそれとは思えないほどシャレています
若者をターゲットにしているのでしょうか?

KUROFUNEというのを注文
これって少ししか入ってないように見えて大盛りなんです

正直大盛りを注文してこれが運ばれてきたとき
失望したのですがなんのなんの…
いくら食べても面が減りません
これぞ丼マジック!
食べきったときは十分な満足感でいっぱい

KUROFUNEは濃い色の醤油が使われています
若干味が濃いと感じましたが悪くはありません
麺もシコシコとしたしっかりした麺です
総合点は高いでしょう

ただこの系統のラーメンはかなり多いので
他店と比較するときもうひとつインパクトの強いものがあればもう一度行ってみたいお店になったと思います

年越しそば 壱六庵

IMGP1441.jpg

こんなに慌ただしい年末がかつてあったでしょうか?
幸も不幸も入り混じって押し寄せてきました

IMGP1442.jpg

それでも確実に時は流れます
いろんなことがあった2016年もこれが最後

IMGP1443.jpg

蕎麦の麺は切れやすいから一年の区切りに食べるというのが年越しそばの由来だとか
切れ味の鋭いシャキッとしたそばをすすりながらエンディングを迎える2016年

酔っぱらって目が覚めたらいつものように日付が変わっていました
これだけは毎年変わりません

釜揚げうどん 桂ちゃん

IMGP1376.jpg

このところ奈良に出張する機会が多く
帰りにうどん屋によるパターンが続いています
どうしても遠くまでは行けないので道沿いのお店が選択肢となります

車が止められたら桂ちゃんが一番行きやすいのですが
この日は無事駐車場が空いてました

昼食でここのうどんを食べるのはこの上ない贅沢のように思えるのですが
なかなか外食が出来なくなった私にとってはすごく嬉しく感じます

はり重カレーショップ

IMGP1251.jpg

昨日なんばに出かけたので帰りにはり重さんのカレーショップに立ち寄りました
ずっと前から気になってたメニューなんですが
「ビーフワン」と呼ばれています

「牛丼の卵とじ」という説明がありますが
他人丼とどう違うのか?
ビミョーに意味深な雰囲気が気にかかってました

フワッとしててベチャっとはしていないのがヴィジュアルからもうかがえます
私らが丼物を作るとき逆立ちしてもこんな芸当はできません

食べてみて驚いたのはお肉と玉子の味のコントラスト
しっかり目に味のついたお肉に対し玉子は薄味
この絶妙んぼバランスが人気メニューたるゆえんかもしれません
ときおり口に入る三つ葉の香りとシャキッとした食感が口の中をリセット
そして漬物に手を伸ばす

食べるたびに新鮮な感じがするので最後の米粒一つまで楽しみながら食べることができます
さりげないんですがスゴイ技なんでしょうね
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

Author:麺食いのひろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード