1. 無料アクセス解析

はなまるうどん 心斎橋店

IMG_20180513_190715.jpg

いつでも気軽にうどんを食べられるお店ではありますが
はなまるうどんも丸亀製麺も何年も行ってませんでした
昨日も余裕を持って出かけたんですが思わぬトラブルで残り時間20分

こんなときに一般店に入ったら間違いなく時間オーバー
選択肢が限られる中目の前にあったのがはなまるうどん
渡りに舟とばかりに入店

お勧めということで塩豚おろしぶっかけの中をいただきました
まあこのトッピングならなくてもよかったんですがあまりにも味気ないんでこれにしたのが正直なところ
申し訳程度のカットネギがチープさを助長します
確かにおろしもちょろりんと乗っかっています

茹で時間が長いのか?水切りが悪いのか?味が麺に乗ってきません
550円で文句言うのもアレですけど
また足が遠のきそうです

うどん居酒屋 江戸堀

IMG_20180426_205658.jpg

うどんを好んで食べるようになったのは10代のころ
当時は讃岐うどんなんて知りませんでしたから
柔らかい大阪のきつねうどんを喜んで食べていました

IMG_20180426_211000.jpg

この頃うどん屋に行っても居酒屋使いをする機会が増えてきました
こちらのお店はそのニーズにドンピシャ

IMG_20180426_212749.jpg

うどん自体のクオリティもそこそこいいので満足度は高いです

IMG_20180426_212002.jpg

気になるメニューもたくさんあるんでゆっくりと楽しむことにします

龍福

IMG_20180422_121311.jpg

大阪では551が圧倒する豚まんの世界
その中にあって存在感を示すのは龍福さん
12月以来の駒川商店街

IMG_20180422_123057.jpg

たくさんの人が行列を作る中久々に並んできました
今回はメインの豚まんに絞ります
と言いつつ焼売を買ってしまう欲深さ

タマネギの食感が手作り感をアピールします
蓬莱が基準となる大阪ではそこからどれだけ抜けることができるかが大きな焦点
このタマネギのシャキシャキした感触は十分の存在価値を示してくれます

今回は初めて焼売も買いましたが
これはこれで旨い
あまり焼売を食べる機会がないのでその基準がありませんが
これは食べたい部類の焼売です

店の中では実際に作っているところが見られるのが大きな優位点
手作り感は買う側にとって重要なポイントですからね

お店の横手でテーブルを出し豚まんをむさぼるお客さんもいます
カフェテラスさながらの臨場感もムードを醸しだしているように思えます

みたび ほんだ

IMG_20180419_195409.jpg

本当はラーメンの予定じゃなかったんです
浮世の義理であるたこ焼き屋を目指したんですが
予定より早い時間に閉店ガラガラ
すぐそばにあるのがほんださんですから迷うことありません

この間は醤油だったので再び塩大盛り
さっぱりと切れのある味わいは私の好み
逆にオーソドックスなトッピングに潔さを感じます
やっぱり麺とスープが主役であってほしいです

串カツ まる

IMG_20180417_171856.jpg

昨日は所用で天王寺にきました
近いといえば近いのですが
意外に素通りすることが多く改札を出るのは久しぶり

アベ地下には雰囲気のあるお店が軒を連ねます
去年の8月に入った串カツまる
サクッと食べてサクッと呑むには最適です

IMG_20180417_172016.jpg

大ビン一本くらいがちょうどいい感じ

IMG_20180417_172439.jpg

串カツもあまり多いともたれるようになってきたのでこれが適量
30分足らずで家路につきました

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

麺食いのひろ

Author:麺食いのひろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード